2009年11月07日

太陽のボンゴレ麺

太陽のトマト麺シリーズ

太陽のボンゴレ麺

スパゲッティに
ボンゴレ・ロッソ
というのがあるが
それのラーメン版
太陽のボンゴレ麺

どうして
あさりってこんなに
いいおだしが出るんでしょうねー

味噌汁しかり
あさりの酒蒸ししかり
こんな良いスープ出せるのは
そうそういませんよ

スープにあさりのうまみ
トマトのうまみが混ざり合って
ノーマルトマト麺ととはまた違ったうまさ

そして通常よりも多めに入った
江戸菜
(トマト麺にはいってる青菜)
のシャキシャキしてうまいこと

たまりませんなー


教訓:
あさりのダシは何にでもあう

次回太陽のナスラーメンに続く
posted by トマトトーン at 18:00| Comment(0) | トマトラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

牛すじ野菜つけそば 竜馬

お茶ノ水を徘徊中
トマトを思わせる赤い建物に
”トマトスープラーメン
の文字を発見

一緒にいた友人をほっぽらかし
牛すじ野菜つけそば 竜馬
に入った。

みなさんも
トマトスープラーメンをお食べかな?
とこっそり店内を見渡すが
誰一人として食べている様子はない

一押しは
牛すじ野菜つけそばの様子
トマトスープつけめんもあったが
つけ麺反対派の私は当然
トマトスープラーメンを注文

普通のラーメンより
少し長めに待ったかも
やはり
トマト入りだけあって
慎重に作っているのでありましょう
トマトスープラーメン
見た目がすっごい豪華
チーズの種類だけでも3種類
パルメザン
スライスチーズ
ヨーグルトみたいなチーズ

さらに
味玉
キクラゲ
玉ねぎ

そして
トマトつながりのイタリア食材として
イタリアンパセリ
レモン(産地は不明)

最後に
竜馬ご自慢の
とろとろ牛スジ肉

たまごもたまねぎもチーズも肉もみんなトロトロになって
ラーメンの味を奏でています。

基のスープの味がかなり濃い目で
トマト好きの私としては
もっとトマト味に!!
と思うけど
それは人それぞれかな

とにかく具が多くて迫力満点
トリプルチーズと牛すじ肉で
満腹確定


一杯食べたら
脂肪分を食べた後の不快感に襲われました。

とにかく脂が好きなんだ!!
という人は行くしかない店である。


評価:
牛すじ野菜つけそば 竜馬
トマト力:★★
味:うまし!ただし後味は悪し食いすぎに注意!!


posted by トマトトーン at 00:47| Comment(0) | トマトラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トマト麺冷やし

前回紹介した
”太陽のトマト麺”
あらかたメニューは食べたので
普段は注文しない
冷やしラーメンを注文
その名も
「フレッシュバジルとモッツァレラチーズの冷製トマト麺」
とんでもなく長い名前

トマトは熱めの燗がいい
と思っているのだが
どうしても写真の
モッツァレラチーズが
おいしそうで
おいしそうで
しょうがない。

カプレーゼの例をもって分かるように
トマトとモッツァレラチーズの相性はチャゲアス以上

食べてみたい
でも
つめたいラーメンで当りひいたことないし
せっかくあったかいトマトが食べれるのに
冷たいトマトを選ぶのは…

などと
一般人から見れば
なんとくだらない事を悩んでいるんだ?
ということを延々と考え続け
ついには
新しいものへの好奇心と
モッツァレラの誘惑に負け
「フレッシュバジルとモッツァレラチーズの冷製トマト麺」
を注文

冷製トマト麺
見た目は良し
肝心の味は?
心配したトマトのダシがスープに溶け込んでいないのでは?
というのは見事クリア
あとは
太陽のトマト麺の豆乳入り極細麺
冷やしスープに良くあう

しかし
鳥チャーシューと
モッツァレラチーズは
脂肪分が冷やして固まってしまっているのか
スープとの絡みはいまいち

あとは
ラーメンの中に直接氷が入ってるんだけど
これも好き嫌いがありそう


やっぱり私はあったかトマト麺のほうが好きだ。
新たなモッツァレラ入りラーメンを期待しております。


それにしても
女の子むけの
太陽のトマト麺NEXtへ
しょっちゅう通う30代男性
トマト以上に赤くなってしまうことがある。
posted by トマトトーン at 00:18| Comment(0) | トマトラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。